三宝

2020/02

 毎日の生活を、明るく、正しく、仲よく暮らすことが出来れば本当に幸せであります。―仏に帰依し、法に帰依し、僧に帰依する―いわゆる仏教の教えに説かれる三宝(さんぼう)に帰依信仰すると、おのずから心やさしく、心ひろく、心おだやかになって人生のまことが尽くされるといわれています。
 今日の社会で私たちは毎日、大変忙しく慌しい生活を強いられています。日々の生活やしがらみに追われて、寸暇の休む間もない、ゆとりや余裕という環境が消えうせた人間動物としての存在となっています。それに加え、突然の事故や悲惨な事件に、いつ、いかなるところで引き込まれるかわからない生活状況であります。虫の居所が悪かっただけで平気で人を殺めてしまう人や、社会全体で注意しているのにいまだに続く飲酒運転による事故、重機を使った大掛かりな窃盗や老人や女性を狙った強盗等、毎日流れるニュースを見ていると私たち人間の進むべき道が間違った方角へ向かっているような気さえ致します。
 しかし、このような時代だからこそ、このような社会だからこそ、今私たちが本当に注意しなければならないことは自分自身の健全で正しい生活のあり方であります。そして、まわりにいる人達の生活をもやさしく思いやって気持ちを配れる心の余裕であります。
 明るく、正しく、仲よく平和な生活を目指して、一人一人が十分に意を注ぎながら、人の道に則した人生を過ごしていきたいものです。

 

合掌

 
(谷口 明信)